エネルギー・インフラの

最適なシェアリングで、

エネルギー業界に革新を。

DXによって最適化された
エネルギー・インフラ・システムを、
プラットフォーム化することで
エネルギー業界全体に革新をもたらす。
新しく誕生した「エナジー宇宙そら」が提供するのは、
これまでにない、エナジー・ソリューションです。

代表メッセージ

代表取締役社長執行役員 吉田 恵一

代表取締役社長執行役員

吉田 恵一

「共創」のコンセプトを掲げ、エネルギー業界におけるプラットフォームシェアリングを目指す新会社「エナジー宇宙そら」を設立いたしました!

長期的な人口減少、脱炭素化の進展など日本のエネルギー業界には、取り組むべき課題が山積しています。
こうした課題への対処に、個社で取り組むことには限界が見えており、これまでの枠組みにとらわれない、事業者同士が連携したプラットフォームの共有(シェアリング)が必要ではないか、と私たちは考えました。

例えばLPガスの配送をシェアリングすることにより効率性を高め、配送人員の不足を補うとともにCO2排出を抑制する、充填所を集約化することによりスケールメリットを追求する、スマートメーターやシステムを共通化することにより、増大するDX関連支出を削減する、ガス導管の事業者間連携により運営を効率化する、お客さまや地域コミュニティーのエネルギー利用を高効率化する仕組みを構築し共有する、などさまざまなアイデアを実現し、エネルギー業界・お客さま・社会全体に貢献したいと願っています。

こうした思いのもと、新会社「エナジー宇宙そら」は設立されました。他事業者様、地域社会にお役に立つ提案を実現してまいります。

お知らせ

株式会社エナジー宇宙 設立に関するお知らせ

ニチガスグループは、2024 年1月1日を効力発生日として、ニチガス、グループ都市ガス 3 社(東彩ガス(株)、東日本ガス(株)、北日本ガス(株))及び株式会社雲の宇宙船を統合し、その上で「総合エネルギー小売会社」と「エネルギープラットフォーム会社」「システム会社」の3つの機能別会社に再編する組織再編いたしました。 詳しくは添付のPDFをご参照ください。